通信制高校って期間はどのくらい?

通信制高校を卒業するための期間とは?

高校を卒業するためには3年間の修業期間が必要です。通信制高校の場合も同じく最低3年間の修業期間は必要です。しかし、通学日数が3年間分必要なのではなく、あくまでも在籍期間が3年間必要ということなので、通信制高校の場合全日制の学校とは異なり、3年間毎日通学する必要はありません。通信制高校事にスクーリング日というものがあり、通学日数は異なります。自分のスタイルに合わせて通学日数が見合う通信制高校を選びましょう。通信制高校の場合はインターネットチャットSkypeなどを活用し勉強します。苦手な科目があり週何回かでも通学し直接講師に勉強を教えてもらう必要があると思う場合は、通学日数が多めの通信制高校を選ぶと良いですね。
また、

必ず3年で卒業できるの?!

残念ながら必ずしも3年間の在籍期間あっても卒業出来るとは限りません。通信制高校の場合、在籍期間と単位数が必要です。単位制ということですね。もちろんプログラム的には3年間で必要単位数を習得できるようになっていますが、個人の学習ペースにより、3年以上かかってしまう場合もあるのです。通信制高校の場合、勉強のペースは自己管理しなければいけません。スケジュールをうまく立て、こなすことが出来なかったり、サボりがちになってしまうと、卒業に必要な単位が習得できず、在籍期間はその分伸びてしまうのですね。自己管理が難しい、サボりぐせがあるという方にとって、通信制高校にて3年間で卒業するということは、とても難しいのではないでしょう。

© Copyright Learning Communication. All Rights Reserved.