通信制高校はスクーリングはあるの?

通信制高校の授業とは

通信制高校の授業はインターネットや、衛星放送、ラジオなどの通信手段によって授業を受けます。またスクーリングも多くの通信制高校にあり、それらは毎日の授業内容を補完するだけでなく、体験的な授業も行われることもあります。単に授業を見たり聞いたりするだけではちゃんと講義を聞いていたか教師はわからないので、成績評価にレポートを活用するのが通常です。事前に配布されている授業ごとのレポートには問題がかかれていて、きちんと授業を聴いた人なら答がわかるので回答欄をうめることができるのです。このようなレポートによって、普通の通うタイプの高校と同レベルの緊張感のある質の高い講義を担保しています。一回の視聴で答がわからないときでも、ネットの授業を再び見たり、録画ないし録音しておけば、繰り返し講義をうけることができます。そうすれば、レポートの答えを書くことができますし、完璧なレポートを作成することができます。

スクーリングの実態とは

通信制高校の多くにはスクーリングがあります。スクーリングとは、実際に高校まで出向いて授業を受けるということです。内容は普通の授業のような内容が多いですし、体育なら運動をします。どの程度の頻度でスクーリングがあるのかは、通信制高校によって大きく違います。少ないところだと一年で10回未満だったりしますし、多いところでは二週間に一回くらいのところもありますが、その場合単純に出席機会を増やしているだけで、単位取得には半分以下くらいの出席で足りる場合もあります。もちろん毎日登校できない事情があるから通信制高校に通う人が多いのですから、通信制高校によっては何らかの代替措置をとってくれるところもあります。いずれにせよ通信制高校の教師たちも、通いにくい生徒たちを相手することは知っているので、スクーリングも生徒の負担にならないように配慮しているのが実態です。

© Copyright Learning Communication. All Rights Reserved.